森伊蔵 1度は飲みたい幻の焼酎 定価で購入する方法 電話で当選するコツ!!

森伊蔵酒造店舗 備忘録

苦節2年、電話の抽選に応募して、やっと幻の焼酎「森伊蔵」(もりいぞう)の抽選に当選しました。
追記、2023年も当たりました。なんと2年連続当選しました!
更に、鹿児島県にある、森伊蔵酒造を訪問してきましたので併せて、ご紹介します。

森伊蔵について

本格芋焼酎 森伊蔵のラベル部分をクローズアップした写真
電話の抽選で購入できる森伊蔵1升瓶

鹿児島産の有機栽培のサツマイモを原料とし、手間の掛かる伝統的な甕壺仕込みにより生産しているそうです。芋焼酎にありがちなイモ臭さがなく、まろやかな味を特徴としています。

私が以前、居酒屋で飲んだ時の感想は、少し甘みがあり、芳醇な香りが豊かにして、すごく飲みやすかったです。小さなぐい呑みについでみんなで飲んだので、わずかしか飲めませんでしたが、フルーティで美味しかった記憶があります。

出荷時に詰めるガラス瓶も、従来の焼酎に多かった透明や青色から茶色に変えたうえで和紙に包み、紫外線による味の劣化を防いでいます。

高級焼酎として人気を博した後も、生産量は明治18年の創業時と同じ4石甕壺50個分(一升瓶換算で年15万本程度)から増やさない方針を掲げており、「幻の焼酎」として知られています。「魔王」「村尾」と合わせて「3M」と呼ばれています。

森伊蔵は、日本の鹿児島県垂水市に本拠を置く酒造会社の森伊蔵酒造が製造・販売する芋焼酎のブランドです。

森伊蔵酒造
〒899-4631 鹿児島県垂水市牛根境1354
電話番号: 0994-36-2063

昨年、鹿児島へ旅行した際に、森伊蔵酒造へ行ってきました。

森伊蔵酒造の裏から見た風景。薩摩湾に桜島が雄大に見える
森以蔵酒造の裏 薩摩湾から雄大な桜島が見える 翔びくらげ撮影

桜島を望む鹿児島湾に面した、風光明媚なところに森伊蔵酒造がありました。

森伊蔵酒造
森伊蔵酒造の製造工場 翔びくらげ撮影

海に面して森伊蔵の製造工場があります。

森伊蔵酒造内部の酒樽
酒造の内部 特別に撮影させていただきました 翔びくらげ撮影

製造工場内、休憩時間に窓から工場内を撮影させてもらいました。6560立と記載された甕壺が並んでいるのが見えます。1甕壺あたり3000本の森伊蔵が生産されています。

伝統的な「かめ壺仕込み」製法を守り、熟成させています。半年以上寝かせることで、マイルドでまろやかな口当たりが生まれるそうです。

また、鹿児島県内の契約農家が低農薬で大切に育てたサツマイモを使用しているそうです。

森伊蔵酒造店舗内部
森伊蔵酒造の店舗内 発送準備の梱包された森伊蔵 翔びくらげ撮影

森伊蔵酒造に行った時は、抽選にあたっていなかったため、お酒は売ってもらえません。(当たり前!)なお、抽選で当たっている方は定価で販売してもらえます。

残念ながら、お酒は買えないので、「からいも飴」という森伊蔵の飴を買いました。
ほのかに森伊蔵を彷彿させる香りがして、とても美味しくいただきました。

写真に写っているのは、当選者へ出荷を待つ大量の森伊蔵です。

森伊蔵を定価で購入する極意!!

焼酎森伊蔵の種類

森伊蔵は、流通量が少ないため、通常の酒屋などでは販売されていません。

購入方法

①1,800mlの一升瓶の森伊蔵は定価では買えませんが、インターネットネットショップでプレミア価格で販売されています(1.5万円~3万円)。最近では、酒屋さんの「やまや」さんなどでもプレミア価格で販売されています。※最近少し値段が下がってきたみたいです。

②全国の高島屋でも毎月店頭抽選限定販売されているそうです。

③森伊蔵酒造へ電話して抽選に申し込みをする。(当選確率は約0.2%程度だそうです)

私も毎月 ③ で電話をかけまくりました。

森伊蔵の抽選に電話をする

当選した音声が流れます。音量にご注意下さい。!!

女性が電話をかけている
イメージ

森伊蔵酒造では、販売を公平にするために電話による予約抽選を行っています。毎月15日~25日に電話にて抽選登録を受けつけており、翌月の1日~14日に抽選結果を電話で発表しています。

①抽選登録期間 毎月15日~25日(24時間受付)
 電話番号 099-239-1111

②抽選結果の確認 毎月1日~14日(24時間受付)
 電話番号 099-239-1111

上記抽選登録期間に電話をかけると、電話をかけた電話番号が自動で登録され、その登録番号が当選か、落選の番号になります。

確認の期間に、抽選登録した電話で電話をかけると、その番号が当選したか落選したか発表されます。
電話の番号が抽選番号になるため、非通知電話や一部のIP電話などでは登録ができず電話はできません。

電話申し込みのコツ

抽選登録が始まる毎月15日から25日の日中は、多くの方が抽選登録に電話をするため、電話が非常にかかりづらくなります。何度も何度も繋がるまでめげずにかけましょう。(◀一番大事なコツです)

こちらはNTTです。ただいまおかけになった電話は大変混み合ってかかりにくくなっています。ご迷惑をおかけしますがしばらくたってからおかけ直しください

このアナウンスが流れた場合は、待っていても繋がらないので、さっさと切りかけ直しましょう。
このアナウンスが流れた通話は料金は発生しないので安心してください。

20日過ぎの22時頃が、電話がかかり易く狙い目です。(但しあまりギリギリにかけるとコンピューターの登録が間に合わないこともあるそうです。公式HPに注意が記載されています)。

当選確率は約0.2%と言われています。工場内には、年間甕壺50個分の焼酎が製造されており、月に換算すると約4甕壺で(1甕壺あたり3000本)約12,000本が生産されますので、約600万回線の抽選申し込みがあると推定できます。

当選すると

「お買い上げありがとうございます・・」は、当選のメッセージです。 

抽選に当選した場合、店頭、あるいは発送にて受け取ることができます。

翔びくらげが当選した時の音声です!!

約2年、時々忘れましたが、昨年、森伊蔵酒造を訪問したことが、良かったのか、嬉しいことに森伊蔵の電話登録抽選に当選しました!

森伊蔵1,800mlが店頭価格3,170円(税込み)+送料で購入できます

郵便局で振込用紙をもらい、内容を記載し酒代+送料を振り込むと、翌々月にヤマト運輸便で送られてきます。

とうとう、幻の森伊蔵を手に入れました!

森伊蔵購入申し込みの振込
送られてきた森伊蔵
翔びくらげに送られてきた「森伊蔵」!!

追記 昨年に続き今年も鹿児島に行き、森伊蔵さんに訪問してきました。すると!また当選することができました。
2年続けてなんとラッキーなことです!!
鹿児島の森伊蔵酒造を訪れると、森伊蔵のお酒の神様が微笑むのかもしれません。

年末に家族で森伊蔵を飲みました!!

貴重な焼酎ということもあり、フルーティな味わい、芋焼酎独特の臭みは感じませんが、なんとなく後味が残るのがなんともクセになる焼酎です。

とても美味しくいただきました。

また頑張って、電話をかけまくります!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

参考資料

森伊蔵酒販

タイトルとURLをコピーしました